自営業の借金の方法と難しさ、日本政策金融公庫について

自営業の借金の方法と難しさ、日本政策金融公庫について

自営業をしていても借金が必要になるケースは多くあります。
設備を整えたかったり、新たな事業に備える準備金であったりと、お金があれば精神的にも時間的にも余裕が生まれます。

 

しかし企業と比べて自営業はお金が借りにくい業態と言われており、ただ単純に貸してください、とった方法では難しい場合もあります。

 

自営業が借金をする場合にはいくつか種類がありますが、まずは銀行のビジネスローンが挙げられます。

 

ノンバンク系の消費者金融、信用金庫、制度融資も使われますが、もっとも融資してもらえる可能性が高いところは日本政策金融公庫融資です。

 

 

借金をする時には当然のことながら審査が行われ、それに通らなければ借入はできません。
自営業は一般的に、安定した収入がなく返済能力が低いと考えられているため、審査基準は厳しいものになります。

 

自営業に一番おすすめの借入方法は、日本政策金融公庫からの借入です。
日本政策金融公庫は自営業や中小企業をサポートするために政府が設立した機関なので、他の消費者金融などから融資を受けられない時は、ここを検討してみると良いでしょう。

 

事業開始から2期以内であれば、最大3,000万円の創業融資を受けられるのです。
もちろんこれは最大の金額なので、実際は準備した自己資金の10倍までという基準があります。

 

しかし、過去に事業実績がなくても借りられるため、計画と準備を入念に整えるタイプの人には助けになる機関と言えるでしょう。

 

 

また、日本政策金融公庫は政府が100%出資している機関なので、金利が低めであり、融資までの時間が短いという借りる側にとってありがたい特徴があります。

 

日本政策金融公庫に個人で申し込みをするとなると、用意すべき書類がたくさんあり、時間の掛かるものになります。

 

認定支援機関を利用すれば、書類作成の代行や面談のサポートを受けられるため、自営業にとって非常に有益なサービスと言えるでしょう。

 

担保や保証人を必要としないのも、ソフト闇金の大きなメリットです。